安全な職場環境を提供

BCP事業部

  • サービス内容
  • AEDとは
  • 取扱商品


課題

コンセプト

ソリューション

震災以降BCP対策が進む中、安全衛生までは行き届いていない。 BCPや安全対策を考えている企業に、救命ツールであるAEDを提供することで、社員が安心して働ける職場環境をつくるお手伝いをしています。 フィジオコントロール社AED「ライフパック CR Plus」の販売。

BCP事業部 阪田昌也

 

2004年7月にPDA(一般市民が利用できる)市場に解禁され公共施設や交通機関をはじめ様々な場所でAEDの導入が進んできました。そんな中、事業部としてBCP対策や安全衛生、CSRなどの観点からクライアントの課題解決を図っています。

 

 

BCP事業部設立背景

●フィジオコントロールジャパン(株)(旧 日本メドトロニック)のAEDの販売に関する営業アウトソーシングを2年以上に渡り実施。(約2000台の販売実績)
●その中で、公共機関や大手企業へのAEDの普及は進んでいるが、世間全般ではまだまだこれからであることに気付く。
●設置がされてない場合は、救急車を呼ぶしかなく、救急車の到着に時間がかかり救える命も救えないことが多く、人命の安全対策が求められている。
●社会的意義のある事業であり、これまでの経験を踏まえBCP事業部を発足、AEDの代理店展開をスタートする。
●AEDの他にも、安全対策やBCP対策の商材の開発を開始しており、事業部の拡充を実施中。

※高度管理医療機器 販売業・賃貸業 許可番号 第4501031200046号