営業代行の強みって? サービスごとの特徴と選び方

営業代行の強みとは何でしょうか?900社以上の営業代行実績を持つコンフィデンスが、営業代行のメリットや、営業代行サービスの特徴と営業代行会社の選び方について解説します。営業代行を検討している方は、ぜひ参考になさってください。

【1】そもそも営業代行の強みって?

営業代行の強みは、大きく3つあります。代表的なメリットを解説します。

・人手不足対策

営業代行は営業の外注であり、外部の営業スタッフを活用することによって人手不足の解消にも貢献します。営業スタッフが足りていない、そもそも社員が足りていないといった人材不足対策に効果的です。

・ノウハウを活用した事業の即立ち上げ

採用した社員の活躍、既存事業の社員が必ずしも新規事業でも戦力化になるとは限りません。業界や商材が変われば当然営業手法も変わります。こういった場合は営業ノウハウを蓄積している会社に依頼をすることでリスクを回避できます。

・固定費の変動費化

アウトソーシングを活用することで必要な時に必要な人員を確保することが可能になるので固定費を変動費に変えることができます。

従来は既存のリソースのみで営業活動が可能であっても、成長期には営業活動を加速させるべく増員するタイミングがやってきます。

そんな時は変動費でリスクヘッジしながら拡大を図ることも可能です。

【2】営業代行サービスの特徴と選び方

営業代行サービスにはどんな特徴があるのでしょうか?営業代行の各サービスの特徴や選び方を解説します。

・新規事業代行

新規事業の立ち上げに苦戦している企業は少なくありません。事新規事業の立ち上げには、事業の価値分析をした上で、セグメンテーションとターゲティング等の戦略を立案し、どんなアプローチをするかの戦術を立てそれを実施する必要があります。つまりセールス(営業)だけでなく、マーケティングも行わなければならないのです。

PDCAサイクルを回していく中で、プロダクト機能や価格設定の検証・改善も必要になることもあります。新規事業立ち上げに向けて、こういった営業戦略・戦術の策定から、実際の営業活動とそれによる検証や改善までを一括して営業の専門家に代行依頼することが可能です。

・営業一括代行

実際に入念な計画を立ててから事業を立ち上げても、なかなか軌道に乗らないケースが多いです。事業を成長させるにはアポイントの獲得、初回の訪問、提案、クロージング、顧客フォローまで営業活動のすべてを実行できるノウハウと体制の構築が重要です。そして単なる商品提案に留まらないよう、ターゲットとニーズを仮説化し課題型営業を展開し、潜在ニーズのマーケットを攻略する必要があります。

事業が思うように伸びず、既存のマーケットが手詰まりだと感じたら営業一括代行を活用するのがおすすめです。営業のプロに営業活動全般を依頼することで、課題解決の道筋が見えるでしょう。

・営業プロセス代行

事業を成長させるフェーズで、営業のマンパワーが足りないと感じることがあります。

既に営業手法に一定の勝ち筋が見えている、あるいは決まったやり方があるものの、単純に営業のマンパワーが不足しているがために事業のアクセルを踏み切れないケースもあります。

そういった場合は人手不足の解消を目的とした営業代行の活用も効果的です。既存の営業手法をトレースしたオンサイト型(クライアントの職場に出向する)営業代行を活用するといいでしょう。

【3】コンフィデンスならではの強み

コンフィデンスの強みをご紹介します。営業代行会社を選ぶ際の参考になさってください。

・正社員で統制された営業チームが組める

せっかく営業代行を活用しても、営業スタッフの質が悪ければ逆効果です。コンフィデンスは寄せ集めのチームではなく、同じベクトルを持った正社員でチームを組んでいます。当社独自の営業ノウハウとスタンスを共有した正社員が高速でPDCAを回し、スピーディーな営業活動や新規事業立ち上げに貢献します。

・難易度の高い新規事業代行や営業一括代行が可能

「売るための仕組み」が1から構築でき、難易度の高い新規事業代行や営業一括代行ができるのもコンフィデンスの大きな強みです。どんなに営業の量を稼いでも、売るための仕組みができていなければ成約につながりません。コンフィデンスは既存事業以外のノウハウやマーケットの見識があり、事業分析をしてマーケットニーズを固めてから事業を立ち上げることが可能です。さらにPDCAを回して営業を改善することで「売るための仕組み」を構築していき、事業を軌道に乗せて成長させます。

・戦略策定から効果検証まで一気通貫で実施できる

テレアポなどの営業活動を一部代行するサービスはたくさんありますが、営業戦略の策定から携われる営業代行会社は多くありません。営業の土台から考えるスキルやノウハウを持っていない営業スタッフが代行しても、営業活動の質が上がらず難航するでしょう。

コンフィデンスはターゲティングやアプローチの戦略を立て、トライアルセールスでマーケット展開を見直してから営業活動をスタート。仮説・検証をしながら、戦略策定から効果検証まで一気通貫で実施します。

コンフィデンスは1998年に営業代行をだれよりも早く始めた業界のパイオニアで、取引実績は900社を超えました。入社初年度に200時間のロールプレイングを実施して高品質なサービスを提供し、単なる営業代行ではなく、独自の体系化したノウハウによって営業をソリューションしています。

営業代行のサービスと当社の強みをご紹介させていただきましたが、営業代行会社ごとに特徴がありますので自社のニーズと検討している営業代行会社がマッチするかを見極めることが重要になってきます。

コンフィデンスの営業代行は営業活動の労働力だけ供給する単純なサポートではなく、営業戦略・戦術の策定から実施、検証を通して、クライアントの事業拡大のサポートをいたします。

新規事業の立ち上げ、既存事業が手詰まりで新たなマーケットに進出したいなど現状の営業活動に課題を感じている場合はコンフィデンスにご相談ください。

最適な営業活動をご提案させていただきます。

お問い合わせはこちらから▶https://www.confidence.co.jp/contact

是永英治

代表取締役

創業以来22年間、約600社の営業代行プロジェクトの指揮を執り様々な山を越えてきた営業代行のパイオニア。